平成27年度 国際化推進部会の活動



2月9日(火)三郷市立瑞穂中学校で「国際理解講座」が開かれました。

2016年2月19日  国際化推進部会の活動 コーナーの記事

2月9日に「三郷市立瑞穂中学校」の一年生を対象に国際理解講座が開催されました。
一学年4クラスに講師の先生方4人が各クラスに別れての講座です。  一組はロシアの本田タチアナさん、二組はコロンビアの鈴木マルタエレーナさん、三組には韓国のキムナムシムさん、四組にはインドネシアの山田フォニーさんでした。
各クラスとも、講師の先生方の母国があらかじめ分かっておりましたので、生徒の皆さんは講師の先生方の母国の歴史や文化について事前に調べて、講師の先生に色々な質問があり講師の先生も熱心に答えてくださいました。  講師の先生方が用意してくれた民族衣装や民族楽器を体験するというコーナーはすごく盛り上がり、時間が足りないくらいの盛況でした。 この講座を体験された人(学校の先生や生徒さん達)がもっと増えればたくさんの日本人にとって、外国やそこに暮らす人達の暮らしを知るための、大変有意義な時間を過ごすことが出来るだろうと思った今回の国際理解講座でした。
                                      国際化推進部会長  宮田 博



平成27年度「日本語ボランティア養成講座」を開催しました。

2015年11月20日  国際化推進部会の活動 コーナーの記事

10月21日から始まった全4回の「日本語ボランティア養成講座」が11月11日に終わりました。     前回に引き続き都内の日本語学校講師や越谷市国際交流協会、他でご活躍の奥村裕子先生を講師にお招きして講座を開催いたしました。 

受講者の方から、「先生ご自身の体験談を元に実践的なお話しで毎回楽しみに受講することができました。」 「日本人にも外国人にも『心を見て、心を知る』こと」、「あたりまえに話している日本語のむずかしさが分かった」などのご感想をいただきました。    受講後、日本語教室に見学に来た方もいらっしゃいます。 今後、日本語教室ボランティアや三郷市国際交流協会の会員として、仲間になっていただけそうです。



10月17日(土)三郷市立桜小学校で「国際理解講座」が開かれました。

2015年10月21日  国際化推進部会の活動 コーナーの記事

今回は、三郷市立桜小学校の6年生のクラスで国際理解講座が開かれました。講師は、キルギス共和国の首都ビシュケク出身のタクイルバシェワ・ケレザさんでした。 NHKラジオにも出演した経験のあるケレザさんは日本語、英語、ロシア語、もちろん母国語のキルギス語と4か国語が堪能です。 まずキルギス共和国の場所、歴史、日常生活の紹介やキルギス語のあいさつを教えてもらい生徒の皆さんも興味がだんだん湧いてきました。 キルギスは4か国に囲まれています。 食べ物は遊牧民の食べ物からの影響や中国の料理もあるそうです。 生徒の皆さんは、紹介されたキルギスの伝統的なゲームを体験しケレザさんの民族楽器(3弦)のコムズの堪能な演奏に大きな拍手でした。 最後に民族衣装を着る体験をさせてもらった生徒さんは写真のモデルで大変でした。 今回は、参観日でもありご父兄の方から感想をお伺いしましたが、皆さんすごく喜んでいらっしゃいました。 これを機会に皆さん外国の文化に興味を持って頂けるものと思いました。