<お知らせ>



<新着記事>



「国際交流フェスタ」を開催しました。
        (2月26日)

2017年3月13日  交流部会の活動 コーナーの記事
瑞沼市民センターの体育館が熱気につつまれていました。 2月26日(日)に「国際交流フェスタが開催され、8ヵ国(中国、スーダン、ネパール、ペルー、ベトナム、スリランカ、エジプト、日本)のブースの参加がありました。 来賓の木津市長、市川議長、スーダン大使館からヤーシル大使、前会長望月氏、松伏町国際交流協会の方々が出席されたことがフェスタに花を添えていました。 スピーチコーナーでは、外国人は日本語で日本人は英語でそれぞれ熱のこもった素晴らしいスピーチをされました。 立花小、桜小、瑞木小の児童たちのパフォーマンスでは、父兄の皆さんも応援に駆け付けて大いに盛り上がりました。 外国人のステージパフォーマンスでは、ネパールのダンス、スリランカの合唱、中国のダンスと演奏の方々が国際色をにじませ華やかに歌い踊り演奏を披露してくれました。 お昼のベトナム料理もネパールの野菜カレーも大好評でした。 最後に踊った炭鉱節はとても楽しく国際交流の心の架け橋となりました。 矢野会長、宮田副会長よりステージパフォーマンスの皆さんに渡された感謝状が思い出として心に残るものとなることでしょう。 素晴らしいフェスタを作ってくれた皆さんに拍手を送ります。 ありがとうございました。                 交流部会 副部会長 高野 功



国際交流協会だより第36号を発行しました。

2017年3月8日  総務部会の活動 コーナーの記事
(PDF)国際交流協会だより第36号を発行しました。


三郷市立立花小学校で「国際理解講座」が開かれました。

2017年2月10日  国際化推進部会の活動 コーナーの記事
今回は三郷市立立花小学校の6年生のクラスで、2月7日(火)に国際理解講座が開催されました。社会科で「日本とつながりの深い国々」の学習の一環でした。講師は韓国の釜山出身の李銀美(イウンミ)さんでした。李さんもお二人のお子さんを育てた経験もあり、まず韓国の小学校での給食のことや学期は2学期制で1学期用と2学期用に教科書が用意されていることなどのお話しがありました。韓国のお正月は日本で言う旧暦なので毎年お正月の日が変わるとのことで、生徒の皆さんもちょっと驚きでした。ハングル文字の表を使って自分の名前をハングル文字で書いてみるのも楽しい学習です。最後は韓国の伝統衣装チマ・チョゴリとパジ・チョゴリを着た生徒さんがモデルとなり韓国語の挨拶を全員でして楽しく講座をおわることができました。 三田博校長先生、担任の秋山健先生ありがとうございました。



日本語教室でクリスマスパーティーを開催

2016年12月28日  国際化推進部会の活動 コーナーの記事
12月23日(金)午後1時より、北公民館で日本語教室クリスマスパーティーを開催しました。
  受講者のお父さんやお母さんも参加され、学習の様子などをみんなで楽しくお話しすることができました。 受講者や日本語教室スタッフから家庭料理の提供があり、様々な国の味を楽しむことができ、 お料理を楽しんだ後受講者一人ひとりから、今年の学習を振り返っての感想や今後の目標を日本語で発表してもらいました。
スタッフが用意したビンゴゲームでは様々な景品があり、受講者たちはどれにするか迷うほどでした。 本当に楽しいクリスマスパーティーでした。