協会全体の活動



報告:『平成22年度総会』を開催しました

2010年5月24日  協会全体の活動 コーナーの記事

 5月23日(日)午前10時から、木津雅晟市長・山下勝矢議長のご臨席のもと、三郷市立瑞沼市民センターにおいて、平成22年度三郷市国際交流協会の総会を開催しました。

 平成21年度事業報告及び収入支出決算や、平成22年度事業計画案及びに予算案などの提出議案は全て原案どおり承認されました。また、同日開催の理事会において、会長に望月祐言氏、副会長に矢野操男氏が選任され、石出幸一前会長は顧問に就任されました。 総会後の懇親会では、美味しい手作り料理をたべながら、キーボードの演奏に合わせて「ふるさと」を合唱したり、ネパール・バングラデシュの歌など披露していただき楽しいひと時を過ごしました。

ご あ い さ つ

三郷市国際交流協会
会 長  望月 祐言

 広い視野とお人柄で求心力を発揮なされた石出さんの後任はとても緊張を強いられるものですが、矢野副会長を初め頼もしい市民リーダーの仲間と共に我が街の国際理解向上に微力を尽くしたいと思います。埼玉県の東玄関として首都高速道路で都心に、常磐自動車道、外郭環状道路で首都圏を縦横に連関させる三郷市は、アジアの世紀ともいわれる今、学術研究など知的従事から一般業務まで幅広い外国籍の人々が在住する都市ともなっています。

三郷の次世代への期待も込めて、市内の中学校での国際理解教室開催や外国籍の市民への日本語教室なども市当局による篤実な支援も心強い中、商工会やライオンズ、ロータリーなど国際奉仕団体、青年会議所の皆さんの協力も得て、私達の生活の周辺での国際化日常への実を上げるべく一層に努めて参りたいと考えております。宜敷くお願い致します。