協会全体の活動



第31回「三郷市民まつり」に外国料理のお店の出店や協会PRのパネル展示を行いました。

2017年11月18日  協会全体の活動 コーナーの記事
好天に恵まれた11月3日、大勢の市民の皆さんの参加を得て、「におどり公園」で市民まつりが華やかに開催されました。  今年は例年より一店多い9店舗の外国料理ブース(中国、パキスタン、スーダン、ペルー、バングラディシュ、ベトナム、ブラジル、トルコ、エジプト)では、店ごとに工夫を凝らし、おいしい料理を提供してくれました。 客足も順調に伸び、売上も上々の様子でした。
本部のテントでは、毎年好評のチャイ(ハーブ入りミルクティー)の無料配布サービスと協会活動のパネル写真で紹介し市民の皆様と交流を図りました。 ダンスコーナーではネパールとウズベキスタンの6人の女の子達が民族衣装に身をまとい、可愛らしく、華麗に踊ってくれて、市民の皆様から大きな拍手を頂きました。 
「より良い国際交流」を目指してのスローガンの下また一歩前進できたように思います。 準備そして当日のご協力、会員の皆様本当に 有難うございました。



平成29年度総会を開催いたしました。

2017年5月18日  協会全体の活動 コーナーの記事
三郷市国際交流協会 会長挨拶

平成29年度三郷市国際交流協会総会にあたり市民の皆さまにご挨拶申しあげます。

ご公務お忙しい中、木津市長、市川議長、信田商工副会長にご臨席賜り、また永年にわたり国際交流協会の会長を務められた望月顧問、市内奉仕団体をはじめボランティア団体行政の皆さまはもとより学校関係者の方々にもご参加いただき、総会を開催できましたことを心から御礼申し上げます。

市制45周年の年にあたり国際交流協会も行政と一致団結し、各種の事業を展開していきたいと思います。 その事業の一つに提案として外国人の方々が安心して生活できる環境を推進していきたいと思います。 それには三郷で生活する外国人の方々の声を聞き、そして、行政関係者の方々、国際交流協会に係る皆さまのご協力をお願い致します。

  国際交流のさらなる発展のため、市民の皆さま、関係者の皆さまのなお一層のお力添え、ご指導をよろしくお願い申し上げ、ご挨拶に代えさせて頂きます。

会長 矢野 操男



第30回「三郷市民まつり」に外国料理のお店の出店や協会PRのパネル展示を行いました。

2016年11月4日  協会全体の活動 コーナーの記事
「水と緑とふれあいのまつり」をテーマに第30回「三郷市民まつり」が「におどり公園」で開催されました。 三郷市国際交流協会では、8ヵ国(中国、ブラジル、バングラディシュ、スーダン、ベトナム、ペルー、パキスタン、トルコ)の外国料理のお店や協会活動のパネル展示、そして毎年大変好評のネパールのミルクティー(チャイ)を無料で楽しんでいただきました。 用意した料理が午後早くに売り切れるお店もでて、「毎年楽しみにしてます。」「普段見慣れない、食べられない物があってよかった。」「外国人と触れ合う機会がもっとあったらいい」「チャイはおいしかった。」など多くの方から嬉しいコメントをいただきました。 また、お昼時間を挟んで、ネパール、ウズベキスタンと今年初めて参加のスリランカの民族ダンスも披露されましたので、ダンスと食事を同時に味わってもらえました。 今後も外国の皆さんと市民の方が触れ合える機会をつくり、みんなが三郷に住んでよかったと思える活動をしていきたいと思います。



平成28年度総会を開催いたしました。

2016年5月31日  協会全体の活動 コーナーの記事
 平成27年5月15日(日)午前10時より、瑞沼市民センターにおいて定期総会が開催されました。  総会では、昨年度平成27年度の事業報告、決算報告、平成28年度の事業計画および予算案、新役員選任等の審議が行われ全ての議案が可決されました。  平成27年度をもって望月会長が退任され会長に矢野操男氏ならびに副会長に宮田博氏が選任されました。 同時に他役員の異動報告が行われました。 総会終了後に懇親会が開かれ、役員、会員のあいさつ自己紹介などと共にソフトドリンク・スナックをいただきながら歓談が行われました。


<<総会 挨拶>> 三郷市国際交流協会 会長 矢野 操男

 平成28年度総会にあたり、ご来賓として木津市長、市川議長、川田商工会会長をお迎えしました。 また、国際交流協会の創設以来長年にわたり国際交流推進に貢献されました望月会長が、この度ご退任されました。 長年にわたりお疲れさまでした。
 本年度は会長、副会長はじめ、三部会長も変わり新体制の下でスタートさせていただきます。
 行政はもとより、市内の学校関係者の方々、国際交流ボランティアの方々、ロータリークラブ、中央ロータリークラブ、ウェンズデーロータリークラブ、鳰鳥ライオンズクラブ、JC、商工会青年部の方々と多くの市民の皆さまの協力と三郷在住の外国人の皆さまに支えられて、本日の三郷市国際交流協会は15年目を迎えることができました。
 その節目にあたり、三郷に在住する外国人の方々と共に国際交流事業を推進していきたいと考えております。
 三郷市国際交流事業は近隣4市町の皆様と共に交流の場を広げて、多文化共生の推進に尽力していきたいと思います。 そして「日本に来て三郷に住んで良かった。」と思って頂けるような国際交流事業を目指して、そこに関わるメンバーと共に更なる発展を約束し、本年度総会の会長挨拶とさせて頂きます。



「三郷市民まつり」で外国料理のお店や協会のPRパネル展示を行いました。

2015年11月12日  協会全体の活動 コーナーの記事

第29回三郷市民まつりが三郷中央駅前の「におどり公園」で開催されました。 今回は“水と緑のふれあいまつり、被災地東北を元気に”をテーマに私たち三郷市国際交流協会も気仙沼・大島支援グループの皆さまと同じエリアで出店しました。
三郷市国際交流協会では、8ヵ国(ネパール、ブラジル、スーダン、パキスタン、中国、バングラデシュ、エジプト、ペルー)の外国料理のお店や協会活動のパネル展示そして毎年好評のネパールのミルクティー(無料)を用意しました。用意した料理が午後早くに売り切れるお店もでて、「ブラジルのソーセージを初めて食べたけど美味しかった。」など外国料理を初めて味わった方も多く、好評でした。 お昼時間を挟んで、ネパールとウズベキスタンの民族ダンスも披露されたので、ダンスと食事を同時に味わってもらえました。
今後も外国の皆さんが三郷に住んでよかったと思える活動をしていきたいと思います。