交流部会の活動



報告:収穫祭を開催しました。

2010年11月14日  交流部会の活動 コーナーの記事

 収穫祭は11月14日(日)国際交流農園で11時から行われました。

 交流部会のメンバーは、前日から鉄板の手入れやテーブル・椅子ガス器具等の点検車への積み込みなど準備を行い、当日も朝8時から機材の搬入や会場準備を行いました。開始予定1時間前にはすっかり準備が整い調理をするだけとなりました。ぼちぼちと集まってくる方たちと、肉やチヂミを焼いたり、天ぷらを揚げたり一緒に作って一緒に食べ、楽しい交流を行いました。  参加者は韓国・中国・スーダン・バングラデシュ・ネパール・パキスタン・日本の7カ国50人ほどが参加しました。



報告:みさと市民まつりに参加しました

2010年11月4日  交流部会の活動 コーナーの記事

 11月3日、久々の秋晴れの下、早稲田公園で行われた市民まつりには大勢の市民の方が訪れました。野外ステージエリア・大道芸エリア・そして国際交流協会屋台のエリアにも長蛇の列ができ、タンドリーチキンやケバブ・ブラジルソーセージ・チヂミなどの外国料理を楽しんでいました。

 協会の本部では、協会の事業内容や活動について皆様に知っていただこうと、協会だよりの配布や、パネルによる展示を行い協会のPRをしました。
 熱々のミルクティーを無料配付している協会本部テントの前には、長蛇の列ができました。



報告:『国際交流フェスタ』を開催しました

2010年10月4日  交流部会の活動 コーナーの記事

 10月3日、さわやかな初秋の日曜の午後、瑞沼市民センターで国際交流フェスタが行われました。

 第1部はアトラクション。まずファッションショーから幕開けです。中国・バングラデシュ・ネパール・日本の4ヶ国の華やかなフォーマルウェアを含め、街着などを着た人々が、舞台を彩りました。次に太極拳、静かででしなやかな、しかし力強い拳法です。日本の剣道が紹介されたときは、会場がシーンとなるような、気迫を感じました。日本の新舞踊は会場をうっとりとした雰囲気に包みました。最後に日本の熟年世代には懐かしい紙芝居です。子供たちと活発に会話や質問をしながらの創作紙芝居でした。

 第2部は多目的室で交流パーティ。交流協会の望月会長と石出顧問の挨拶で始まり、会食、歓談を楽しみました。宝さがしのゲームで子供たちは盛り上がり、日中友好会の皆さんが中国語でサライを歌いました。最後に新舞踊、三松会の方の踊りをお手本に、全員で輪になって炭坑節を踊りました。
今回のフェスタは、中国、韓国、ネパール、バングラデシュ、フィリピン、スーダン、日本の100名余りの人々が集い、国籍を超え友好を深めるきっかけになりました。



報告:第19回外国人と楽しむスポーツ交流会を開催しました

2010年8月2日  交流部会の活動 コーナーの記事

 去る、8月1日(日)に三郷市立総合体育館において、第19回外国人と楽しむスポーツ交流会を三郷市教育員会との共催で実施しました。
当日は、日本・ネパール・韓国・バングラデシュ・スリランカ・中国で約70名の参加がありました。

三郷市体育指導員の皆様のご指導のもと、体験種目として、ミニソフトテニス、ソフトバレーボール、カローリング、バトミントン、卓球、羽つき、ヨガの7種目、全体種目としては、綱引き、パン食い競争、今回初めて、ならびっこベースボールを行い、小さい子どもから大人までスポーツをとおして楽しく交流が出来ました。いい汗をかいた後、懇親会のビンゴゲームで景品をもらった子どもたちは ニコニコ顔でした。



報告:ポテトパーティーを実施しました

2010年7月20日  交流部会の活動 コーナーの記事

 去る、7月19日(海の日)に北公民館において、国際交流農園で採れたじゃがいもを使って、ポテトパーティーを行いました。

 参加者は、日本・ネパール・韓国・バングラデシュ・スリランカ・中国の6カ国36人で、それぞれが自慢のじゃがいも料理を持ち寄りました。
バラエティーに富んだ美味しいじゃがいも料理を、お腹いっぱいいただきました。